ソムリエ厳選!ゴールドコーストのおすすめワイナリー

Wine

G’day mate !  How ya going ?

オーストラリアワイン アナリストのソムリエ バーリー です!

今日は、ソムリエ厳選!ゴールドコーストのおすすめワイナリーのご紹介です。

✔️本記事の信頼性

🍇ソムリエ バーリー プロフィール詳細

ウィッチズ・フォールズ・ワイナリー

先日、「バーリーさんは、なぜゴールドコーストへ移住したいの?」というご質問をいただきました。

いくつかあるのですが、その理由のひとつに、あるワイナリーとの不思議な出逢いがあったからです。

そのワイナリーは、ウィッチズ・フォールズ・ワイナリー (Witches Falls Winery)

Witches Falls Winery - Cellar Door and Online Store
Just one hour from the Gold Coast and Brisbane, Witches Falls Winery on Tamborine Mountain create wild ferment wine of outstanding character. Join us for a wine...

美しいゴールドコーストから内陸に車で50分程行くとヒンターランドと呼ばれるエリアがあり、その中にタンボリン マウンテン(またはマウント タンボリン)という街があります。

そこに位置するウィッチズ・フォールズ・ワイナリー (Witches Falls Winery)は、小さいながらも多彩なワインを堪能できるワイナリーでした。

17年前 2005年8月と2006年1月、私はこのワイナリーを訪問しました。

オーナーのジョン・ヘスロップさんは、ワイン製造プロセスについて、多くの伝統的な技術を学び、これらの手法を最先端のテクノロジーと組み合わせて利用し、品質、個性、一貫性のあるユニークなワインを生産しているとおっしゃっていました。

世界的に評価されるシャルドネ

ワインのテイスティングで1番印象に残ったのは、
ワイルドファーメント シャルドネというホワイトワインです。

外観:
グリーンがかったゴールデン イエロー カラー

香り:
ソフトなバター・オーク・トースト

味わい:
ほどよい酸味とミネラルのハーモニー
パイナップルをトーストしたアタックがワイルドでパンチあり
控えめなブドウのフルーティーさが発出
繊細なパリパリ感とのハーモニー
オーク樽の熟成感
アフターフレーバーの余韻を長く楽しめる

素晴らしいセンスを感じさせてくれるワインです。

Stoked(Aussie Englishでハッピー)な喉越しと味わいです。

でも、そのコメントは、ジョンさんにはお伝えしませんでした。

なぜなら、テイスティングをした瞬間に、この時より6年前 ハネムーンで訪問したオーストラリア ハンターバレーのワイナリーで飲んだ、大好きなシャルドネと同じ世界観を感じたからです。

それを言ってしまうと、
「あなたのワインはハンターバレー ワインのモノマネだ」

Aussie EnglishでいうYous(=Plural of you=もうひとつのあなた=複製)という誤解を与えてしまう恐れがあったからです。

しかし、ハネムーンで体験した美味しいワインを飲むには、15時間を超えるロングフライト(当時はブリスベンでトランジット)でシドニーへ。

シドニーからハンターバレーまで車を運転して3時間。
モーテルやB&Bでチェックインを済ませてワイナリーに向かう。
そうなると合計 丸2日を要します。

でも、ここならば、その気になれば日本から丸1日。

ゴールドコーストからなら1時間弱で、日帰りも可能なのです。
No Wucka’s(Aussie Englishで問題ない=It’s OK)

ゴールドコーストに来たら、絶対に再訪ありと思いました。

事実、初めて訪れた2005年夏から5ヶ月後、この魔法のシャルドネに導かれて再訪しました!

このトロピカルな地で、このようなワインを造れるのは凄いと思いました。

このワイナリーの魔法の魅力に導かれて

あれから17年を経て、つい最近 驚きの事実を知りました。

ゴールドコーストへの移住を決めた時、このエリアのワイナリーを再リサーチしました。

その中で、ジョンさんは2003年にニューサウスウェールズ州のハンターバレーから、ここに移転してきたことを知りました。

ゴールドコーストのあるクイーンズランド州は、亜熱帯地域でワインには適さないといわれています。

そこに引っ越してワイン造りをすると決意したジョンさんは当時 変人扱いされたそうです。

でもワイナリーは国内で最も高い海抜800〜1020メートルにあるため、クイーンズランド州でもこの地域は実際には涼しい気候なのです。

また「グラニューベルト」と呼ばれるこの地域は、水はけのよい花崗岩の土壌でワイン用のブドウ造りに適しているテロワールなのです。

地球温暖化により今後ハンターバレーでのワイン生産は難しくなりますが、ここなら大丈夫という先見の明があったからこその移転だったのです。

そして、タンボリン マウンテン国立公園内の魔女の滝 伝説のエピソードに由来してウィッチズ・フォールズ・ワイナリー (Witches Falls Winery=魔女の滝ワイナリー)と名付けたのです!

ワインのエチケット(ラベル)には、魔女が使用する箒がデザインされています。

ここのワインの素晴らしさは、「知る人ぞ知る」世界レベルのワイン鑑定家・ソムリエ・愛好者の中で有名です。

その証拠にオーストラリアの【マスター・オブ・ワイン】のピーター・スカッター・モリスさんが訪れてこのシャルドネを称賛したほどです。

マスター・オブ・ワインとは、世界で400名ほどしか存在しない(日本人ではひとり)のワイン業界で最も権威ある称号です。

以前、この記事でご紹介したフランク・モローさんマスター・オブ・ワインです。

私 ソムリエ バーリーも密かにマスター・オブ・ワインにチャレンジしています。

残念ながら、私の知る限りこのワインは日本では飲めません。
ゴールドコーストに行くしかないのです!

ゴールドコースト・ブリスベンにお住まいの方は、一度訪れてみてはいかがでしょうか?

観光で訪れても、ゴールドコースト・ブリスベン発着のワイナリーツアーで行くことができます。
(コロナ禍前は日本語ツアーも催行されていましたが、現在は英語のみのようです)

よって、妻と私は近い将来、みたびウィッチズ・フォールズ・ワイナリー(Witches Falls Winery)を訪れます。

この地に住む魔女の創り出したテロワールとジョン・ヘスロップさんのシャルドネをはじめとしたワイン造りの魔法に導かれて。

今日は、ソムリエ厳選!ゴールドコーストのおすすめワイナリーのご紹介でした。

お読みいただき、ありがとうございました。

あなたのEnjoy Aussie Wine Lifeに乾杯!

Ta ! (=Thank you !)
Hooroo mate ! (=See you !)

タイトルとURLをコピーしました