日本初進出!おすすめオーストラリアワイン【Eight at the Gate】

Wine

G’day mate !  How ya going ?

🇦🇺オーストラリアワイン アナリストのソムリエ バーリーです。

「日本ではほとんど知られていないけれど、オーストラリアで話題のワインについてを教えてほしい」
こんな疑問にお答えします。

✔️本記事の信頼性

🍇ソムリエ バーリー プロフィール詳細

今日は、日本初進出!魅力的なオージーワイン【Eight at the Gate】について解説します。

このワイナリーについて

共同オーナー2名の姉妹が、自然環境を保護しながらテロワール(土壌)を表現した冷涼気候のプレミアムワインを生産するために、初代として家族所有・経営のワインビジネスを行っています。

難解なワイン用語を使わずにストーリーや知識を共有することで、自分達を見失わないようにしてワイン造りをされております。

いつもどこかでゲートやフェンスにぶら下がっているのを見かける彼女たちの8人のお子さんたちにちなんで【Eight at the Gate】と名付けられました。

Claire Daviesさん(共同オーナー)は、次のように述べています。
妹のジェーンと共同オーナーをしています。 ローズワーシーを卒業した後、私はオーストラリアで最高のワイナリーコンサルタントおよびブドウ栽培コンサルタントとしてキャリアを積みました。

私はこれらの経験を通じて知識を磨き、オーストラリアが提供する最高のブドウを生産するようになりました。

Jane Richardsさん(共同オーナー)は、次のように述べています。
姉のクレアとともに所有および運営しており、スクールバスに間に合うように「ゲートで」私たちの8人の子どもを集めるという朝の儀式にちなんで名付けられました。

自由に排水できるテラロッサの土壌で有名な南オーストラリア州ラットンバリーにあるワイナリーは、オーストラリアの最も象徴的なワインメーカーにいくつかにプレミアムなブドウを供給しています。

Single Vineyard カベルネ シラーズ 2016


セールスポイント:
新旧の樽で26ヶ月寝かせています。 素晴らしくフルーティーで複雑なこのワインは、カシス、スパイスの効いたチェリー、杉、ほのかなドライハーブの香りがします。
味わいも同様に魅力的で、素晴らしい果実の力強さとスパイシーなニュアンスを併せ持ち、切れ味は余韻があり、美味しく魅力的です。

販売:オーストラリア国内、米国で販売 世界各地に輸出
日本には新規参入

受賞歴:Aaron Brasher Real Review 銀賞&4スター
Sam Kim Wine Orbit 金賞&5スター


ブドウ品種:カベルネ シラーズ

テイスティングノート:
深いルビー色、ダークベリーとスパイスの香り。
カシス、プラム、ベリー類、繊細なタンニンと余韻のあるフィニッシュ。

アルコール:  14.5%
参考価格: AU$ 28

Single Vineyard シャルドネ 2018

セールスポイント:
フレンチ・オーク処理を最小限にとどめたワイルド・ファーメント(野生発酵)。
淡い麦わら色。白桃とアクセントとなる柑橘系の香り、ほのかなストーンフルーツ(石果)とさっぱりした柑橘系の香り。クリーンでクリスプな酸味のある、ドライな切れ味。

販売:オーストラリア国内、米国で販売 世界各地に輸出
日本には新規参入

受賞歴:Aaron Brasher Real Review 銀賞&4スター
Sam Kim Wine Orbit 金賞&5スター


ブドウ品種:シャルドネ

テイスティングノート:
淡い麦わら色。白桃とアクセントとなる柑橘系の香り、ほのかなストーンフルーツ(石果)とさっぱりした柑橘系の香り。
クリーンでクリスプな酸味のある、ドライな切れ味。

アルコール:12.7% 
参考価格: AU$ 18

購入の留意事項

・日本には新規参入ワインですので、取扱先がわかりましたら、販売店情報をアップします。
・オーストラリア在住の方は、Go to Bottle Shopをしてください。
・価格は参考価格ですので、オーストラリア国内をはじめ日本国内・それ以外の国々で変化しますのでご了承願います。

・ワイナリー連絡先
42A Grant Avenue, Adelaide 5067, South Australia
https://eightatthegate.com.au

このワインをご紹介する理由

所用でオーストラリア総領事館に行ったときに決意したことがあります。

Aussie Wine Missionaryとして、まだ知られていない魅力的なオーストラリアワインを日本国内とオーストラリア在住のみなさんにご紹介するボランティア活動を行おうと!

その理由は、
・日本で紹介されていない魅力的なオージーワインがたくさん存在する。
・しかし、流通ルートが確立されていないため知られずに埋もれていることを再認識したためです。

【Eight at the Gate】は、日本には新規参入ですが私 ソムリエ バーリーが自信をもってオススメできるワインであると確信したからです。

今日は、日本初進出!魅力的なオージーワイン【Eight at the Gate】についての解説でした。

あなたの貴重なお時間を割いて、
お読みいただき誠にありがとうございます。

Ta ! (=Thank you !)
Hooroo mate !(=See you !) 

あなたのEnjoy Aussie Wine Lifeに乾杯!

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました