元サーファーのソムリエが推薦!豪州SLSCの白ワイン

Wine

G’day mate !  How ya going ?

🇦🇺オーストラリアワイン アナリストのソムリエ バーリーです。

「オーストラリアでワイン飲む時のオススメなシチュエーションを教えて?」

そんなリクエストにお応えします。

✔️本記事の信頼性

🍇ソムリエ バーリー プロフィール詳細

今日は、元サーファーのソムリエが推薦!オーストラリアのSLSCで飲む白ワインは最高のお話をさせていただきます。

オーストラリアのメジャービーチの多くにSurf Life Saving Supporters Club、略してSLSCがあります。

その名のとおりライフガードのクラブで、水難事故防止の啓蒙活動、人命救助を行うなどの奉仕活動を行っています。

日本でいえば、赤十字とB&G財団のような組織です。

これが、知る人ぞ知る、意外な隠れた穴場なのです。

建物の1階は、人命救助に必要なボードなどの器具が置かれています。
2階には、ビストロ形式のレストランと奥にバーが併設されているところがあります。
また、そこには競馬用のTAB、スロットマシンが何台かあり手軽なカジノの雰囲気もあります。

ビストロ形式のレストラン&バーを併設しているSLSCごとに特徴があり、
オージービーフが美味しいSLSC
シーフードが美味しいSLSC
ハンバーガーが美味しいSLSC
ピザが美味しいSLSC
地ビールをアピールしたSLSC など

基本的に利用できるのは、SLSCのライフガード、スタッフ、会員、地元の住民に限られます。

ですから、日本人観光客でSLSCを知っている方は少ないので、あまりSLSCで日本の方とお会いしたことがありません。

しかし、多くのSLSCは、その場で1年有効の会員カードを発行してもらえます。

画像4を拡大表示

観光客でもパスポート持参で、”I wanna be a membership”と言えば、20オーストラリアドル(約1,650円)くらいで発行可能です。

その時点から、レストランや施設を利用できます。

また、SLSCによっては、会員にはならずビジターでも、用紙に氏名・住所・電話番号を記入すれば利用可能な場合もあります。

私はソムリエ&国際唎酒師になる前に、ボディーボードサーファー・ライフガードなどのマリンスポーツ インストラクターをしていました。

🌈ハワイ ノースショアの波&人との出逢い(Ride On Time)|🍇ソムリエ Burly(世界唎酒師コンクール準々決勝進出者/オーストラリア ソムリエ協会プロ会員)|note
Aloha🤙   ハワイアン スタイル エッセイストで EX カマアイナのBurly Creekです。 今日は、 「ハワイ ノースショアの波&人との出逢い(Ride On Time)」 についてお話します。 ハワイでの趣味は、サーフィン(ボディーボード)でした。 季節にもよりますが ビギナーの時は、大相撲 元横綱...

そのなかで、アメリカ労働省のMFA(メディック ファースト エイド)資格を所持していたのでSLSCを知っていました。

そしてゴールドコーストを訪れた時に、Kurrawa SLSCとSouthport SLSCのメンバーになりました。

現在は、Surfers Paradise Surf Life Saving Supporters Club Memberです!!
オーストラリア移住後には、SLSCの活動をサポートするボランティアを行うつもりです!

そのSLSCのビストロ形式のレストラン&バーで共通していることが3点あります。

1点目は、
市中のレストランやバーに比べて値段がかなりリーズナブルです。
場合によっては、半額近い価格でシーフードが楽しめるところもあります。

2点目は、
かなりのボリュームがあり、オージーサイズです。

画像1を拡大表示

これらを日本で例えるならば、空港のレストランは観光客価格ですが、空港に勤務するスタッフ用の食堂は、安くてボリュームタップリで飽きのこない美味しさという感じです。

3点目は、
どのSLSCのビストロ形式のレストラン&バーでのオーストラリア ワイン、特に冷えた白ワインがめちゃくちゃ美味しいのです!

そして、オイスター・クラブ・クレイフィッシュなどシーフードとのベストマリアージュとなります。

さらに、それらがオーストラリアの気候と海からの爽やかなシーブリーズとマリアージュしてワインとお料理の美味しさを引き立ててくれます。

「外の景色はサーファーズ パラダイス!お口の中はマリアージュ パラダイス!」です!

私はオーストラリアのビーチリゾートに行くと、必ずその地のSLSCに直行します。

テーブルは、予約が入っていない空いているところがあれば、どこでも座れまます。
ですので、いつもビーチフロントの席で、ハウスワインの白ワインをオーダーします。

ワイン1杯で何時間粘っても文句は言われません。
ですから、海を見ながらリラックスしたり、読書をしています。

画像2を拡大表示

これがまさに至福のひとときです!
次回からは、MacBook Air持参で、このブログの執筆をしようと考えています。

ある日、上記の写真のように読書をしていると、向かいのテーブルに高齢の男性が座りました。

どうやら地元の方で、常連さんのようでした。

通常、ここでは飲み物は自分でバーカウンターに行って直接注文して支払いを済ませ、自分のテーブルに持って行くスタイルです。

しかし、自分の孫のようなスタッフが“Hi Mate!”と言うなり、いつもの白ワインを1グラス持って来ました。

彼は、ポケットからコインを取り出し、慣れた手付きで支払いを済ませ、“Enjoy Mate!”とスタッフに肩を優しく撫でられてました。

私と目が合うと、微笑みながらグラスをあげて乾杯のポーズをされました。私も“Toast Mate!”とグラスをあげました。

彼はグラスに口をつけた後は、しばらく海を見ていました。
すると彼の横を通る地元の方々が次々と彼に親しげに挨拶をして話していくのです。

今度は3名のマダムが彼に話しかけて来ました。
どうやら彼の幼馴染の3名のようです。
子ども時代のことをマシンガントークのごとく話すマダムたちの話を笑顔で懐かしそうに聞いている彼は幸せそうでした。

マダムたちは、「奥さんによろしくね!」と言って去って行きました。
その喧騒が去り、また彼は静かに海を眺めながら白ワインを口にしました。

彼は、ここゴールドコーストで生まれ育ち、仕事・結婚・子育ての責務をすべて終え、悠々自適の毎日を送っているようです。

良き友人や知人に囲まれ、みんなから愛され、とても羨ましいリタイアメントライフです。

まさに、ヘミングウェイの名作、「老人と海」の原題である“The Old Man and the Sea “のテラスでの1シーンのようでした!

私もこのような穏やかで充実した老後を迎えたいと思いました。
私がオーストラリアに移住してFIRE LIFEを過ごしたいと願う原点のひとつです!

あなたもオーストラリアのビーチリゾートに行かれた際には、
是非、SLSCで白ワインをお楽しみください。

早くオーストラリアに行きたい!!!!

オーストラリアの白ワインを飲みたくなったアナタ!
よろしければ、コチラのワインをそうぞ!

 今日は、元サーファーのソムリエが推薦!オーストラリアのSLSCで飲む白ワインは最高というお話でした。

最後に、以前noteで私のサーフィン体験をもとに五十嵐カノアさんの記事を書きました。

また、この記事に対してカノアさんのお父様のツトムさんからお礼のメッセージをいただきました。

よろしければ、この記事もご覧ください。

🌈ハワイで五十嵐カノアさんは5年前に🇯🇵日本人サーファーの夢を実現させたHERO!|🍇ソムリエ Burly(世界唎酒師コンクール準々決勝進出者/オーストラリア ソムリエ協会プロ会員)|note
Aloha🤙 ハワイアンスタイルエッセイストで EXカマアイナのBurlyCreekです。 今日は、 「ハワイで五十嵐カノアさんは5年前に日本人サーファーの夢を実現させたHERO!」という話です。 冬のノースショアではサーフィンの大会(コンテスト)が数多く開催されます。 その中でも、トリプル・クラウン・オブ・サ...

あなたの貴重なお時間を割いて、
お読みいただき誠にありがとうございます。

Ta ! (=Thank you !)
Hooroo mate !(=See you !) 

あなたのEnjoy Aussie Wine Lifeに乾杯!

人気ブログランキング

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました